香典の由来、金額相場などについての情報サイト

葬式の香典の相場はいくら?

香典の表書きの書き方

香典の表書きは宗派によって変わります。
仏式に場合、御霊前が広く使われ一般的ですが、浄土真宗には使えません。御香典か御仏前にしましょう。
逆に浄土真宗以外の場合、四十九日の前に御仏前は使用しません。
通夜や葬儀ではなくなったばかりで、まだ魂がこちらにあると考えられているので「御霊前」を使用するのですが、浄土真宗ではすぐに仏になるからという教えだからです。
法事と葬儀での表書きの違いが出てくる理由でもあります。四十九日が過ぎた法事では「御仏前」と書くのがマナーです。

キリスト教の場合は、御花料が無難といえます。
神式の場合は、御榊料、御玉串料、御神前などが使われます。御霊前も可能です。

また自分で墨書きする場合は、薄墨を使用しましょう。涙で墨が薄くなったことを意味します。法事の際は普通の濃い墨で構いません。
喪主の管理のため、名前と金額は中袋にしっかり記入しておきます。

お葬式の香典の相場

香典の相場は、故人との関係性と自分の年齢で変わります。
少なくても3000円以上となりますが、確認しておきましょう。
関係性からみた場合、祖父母に対しては1万~5万、父母は3万~10万、兄弟姉妹は3万~10万、叔父叔母は1万~3万、そのほか親類は3千~3万、友人は5千~1万、友人の父母は3千~1万、勤務先上司は5千~2万、上司の家族は3千~1万、社員は5千~1万、社員家族は3千~1万、恩師は3千~1万、交流のある隣人などは3千~1万、といった具合になります。

相場に幅があるのは、年齢によって変わってくるからです。20代と40代では40代の方が額があがります。

上司や社員、隣人や知人など、相場に上下があるのは付き合いの深さによるところもあります。
上司や同僚は周囲と足並みそろえる場合もあります。恩師は連名で出し合うこともあります。


この記事をシェアする