香典の由来、金額相場などについての情報サイト

香典に関して避けたい事項

法事の香典の相場

葬儀とは違って法事は親族や付き合いの比較的深い人が招かれて行われます。
基本的に招かれた人だけが出席するものです。
香典の相場といえば、葬儀や告別式での事が重要視されます。
何度か法事を行うことがありますが、都度、香典を包んでいきましょう。

一周忌や三回忌は行う場合が多いのですが、七回忌くらいになるとだんだん規模も小さくなり、家族のみになる傾向にあります。

法事における香典の相場は、やはり関係性によります。
法要のみに出席し、親族の場合は1万から2万、会食にも出る場合は2万から5万です。
親しい友人や付き合いの深い人であった場合は、法要のみで1万から3万、会食込で3万~5万です。
一般的な友人では、5千~1万、会食込で1万~3万となります。

香典でやってはいけないこと

香典を包む際にNGとなる行為はいくつかあります。
日本人は縁起を気にするため、祝儀の場合と同じように不祝儀の場合も気を付けなければいけません。
香典を包むときの金額では、偶数は避けるという慣習があります。不幸が重ならないように、という思いがあるのでしょう。
基本的に日本では奇数が縁起がいいとされます。祝儀でも奇数が好まれます。
また、4や9は死や苦を連想させるので避けるべきとの説もあります。

また、こうした不祝儀では新札は用いるべきではないという人もいます。
まるで不幸を予測していたかのようにとられるためです。祝儀の場合は新札が喜ばれますが、葬式の場合は避けた方が無難でしょう。

ただ今は、こうした慣習に従わなくても良いのではないか、という人も増えてきてはいます。


この記事をシェアする