香典の由来、金額相場などについての情報サイト

冠婚葬祭のマナー

香典とは何か

葬式に出席する場合は、香典を持参するのがマナーです。
香典は、不祝儀袋というのし袋に現金を包んでもっていくのが一般的です。
お葬式というのは式を執り行う家にとっては色々と負担の大きいものです。それは昔も今も変わりません。供養とともに相互扶助の意味合いで香典を出すというのが昔から行われていました。
かつてはお線香やお花や供物を持って行って仏前に備えたので、「香」典といわれています。

慣習として、葬儀のあとに喪主は香典返しを行いますが、相互扶助の意味合いを鑑みて半返しが一般的です。
持参のタイミングは通夜か葬儀の日ですが、宗教によって違うこともあるので注意が必要です。事情で式に出られない場合は郵送でも構いません。

香典を包む袋の選択

今はコンビニや100均など、いろんなところで不祝儀袋が購入できます。
そこで見ると、袋にも種類がたくさんあることがわかります。
基本的なデザインとしては黒白の水引がついたものです。

どれを買えばいいのか少し悩みますが、包む金額によって変えます。
水引がプリントの簡略式のものですと、金額が低いときに使用します。
7~8本の水引がある袋では1万から2万、3万以上では水引10本以上のものを使うとバランスがとれます。
10万以上の金額は、高級和紙などを使った豪華といえる袋を用意すると良いでしょう。

またデザイン自体、宗教によって少し違いがあります。
仏教は黒白か銀の水引と、白無地の袋あるいは蓮の絵柄がついています。
神道は、白の水引と白無地の包みです。
キリスト教は、白無地に水引なし、あるいはゆりや十字のイラストが施されたものとなります。

よくわからないときは白黒水引に白無地で良いです。


この記事をシェアする